ヘッダー画像

記事執筆者

文亮[ぶんすけ]

Author:文亮[ぶんすけ]
 
ようこそ。
文書き屋日碌
[ふみがきやにちろく]へ
作家もどき? いえ、作家きどりのオッサンです。
もちろん記事はすべて自分で書いています。
 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
556位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
46位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

Access(P)

Access(U)

呟いてます

宣伝

ラジコンのことなら


結果にコミット


プリンターのインクなら


パソコンなら
デル株式会社

自動車保険やバイク保険なら
チューリッヒ保険

アフィリエイトするなら
    
            

第60話 思い出すのは思い出せないことばかり(1)

2017/05/01 Mon 07:20
category - エッセイ
コメント - 0
                         
このエントリーをはてなブックマークに追加
◆最近、ふとしたことで思い出すことがよくある。何を思い出すのか? ジャンルは特に決まってはいない。ヴァラエティに富んでいる。おそらく優柔不断な性格だからだろう。
 誰しもがそうであると思うのだけれど、毎日を日々の営みに優先度を高くして過ごしてきた。今でも本当にそれがいいのかよくわからないし、どんな状態でそれを続けてきたのか自分では認識できないのだけれど、基本的にはそうやって前に向かって人生を歩んできたつもりだ。だから過去のことを思い出すのは、たいていの人がそうであるように何かきっかけがあった時くらいだ。
 以前はその頻度があまり多くなかった。年齢的にもまだまだ過去を振り返る余裕なんてなかったし未来に対する希望みたいなものも多かったからだろう。
 ところがこの歳になって余裕なんて今もないはずなのに、事ある毎に過去のことを考えてしまうことが極端に多くなった。そのつもりがないのに突然頭の中にフラッシュバックのように思い出が蘇るのだ。若い頃に誰かから「何にせよ思い出は美しい」と聞かされて、その時は「そんなものなのかしら」と思ったのだけれど、最近は過去のことを考えてしまうと妙にそれがひっかかってしまう。やはり自分の未来というか将来がもう狭まるばかりの時期に入ってしまっているからだろうか。
 そうやって過去のことを思い出すことが多くなったのだけれど、困ったことに思い出すのは「その行く末がわからない、もしくはどうだったか思い出せない」というものが多い。そしてそれは、単に過去を思い出して「あの頃は良かったのになあ」と今の自分の不甲斐なさを痛感させるだけでなく、その過去に関する結果等の肝心のことが思い出せないから「思い出せない」イコール「記憶力が激低してしまった」というような「更に自分を落ち込ませてしまうこと」をも引き起こさせる。
 これは本当に性質が悪い。精神衛生上非常に好ましくない。

 例えばこの数日の間に前述のようなことが2回あった。

(次回「第61話 思い出すのは思い出せないことばかり(2)」に続く)





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

エッセイ・随筆 ブログランキングへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
                                 
                                      
            

第61話 思い出すのは思い出せないことばかり(2)

2017/05/02 Tue 07:34
category - エッセイ
コメント - 0
                         
このエントリーをはてなブックマークに追加
 一つ目は大学入学の際に着用したブレザーとスラックスの行方だ。それは大昔、両親がネクタイ、シャツと共に大学の入学祝に買ってくれたものだ。
 最初は普通のスーツ(当時はスリーピースが流行していた)を買うつもりで知り合いの服屋と話が進んでいたのだが、当時社会人になりたての姉が「就職ではないのだから今の大学生で流行っているブレーザーにした方がいい」と進言したため最終的にそうなった。
 姉と行ったのか、それとも母親と行ったのか、それとも家族揃って行ったのか記憶があやふやなのだが、とにかく大阪は梅田にある「Mitsumine」という店に行った。僕も親もこの店のことなんて知らなかったから、おそらく姉が勧めたのだと思う。そしてその店で僕は大学の入学式に着ていく服を買った……、いや、買ってもらった。
 まずは「Mitsumine」ブランドのブレザー。これはネイビー色の服地に金ボタンのもの。エンブレムは付いていなかったけれど当時流行っていた「ハマトラ」というファッションを意識したものでフォーマルな場だけでなく、ボートネックシャツやヨットパーカー、マリンショップのロゴ入りのTシャツやトレーナー、デッキシューズなどを組み合わせることでラフな着こなしもできるというものだった。
 スラックスも同じく「Mitsumine」ブランドのもので、一応は入学式のためだったのでグレーのワンタック(だったと思う)を購入した。裾上げの際、店員さんに「股下86センチですが間違いございませんか?」と訊かれ、そんなの測ったことがなかったものだから答えに窮したことを覚えている。
 ネクタイはラルフローレンのものを選んだ、いや、姉に選んでもらった。
 シャツは「Hathaway」(ハサウェイ)というブランドの青っぽい色のボタンダウンのもの。
 総額で10万円くらいはしたんじゃないだろうか。
 当時僕はブランドのことなんてこれっぽっちも知らなかった。
「Mitsumine……、何それ?」
「ラルフローレン? ポロ? いやBORO(ボロ)なら知ってるけど……」
「何でもいいけど『ハマトラ』って何なの? 『ハマコウ』の親戚筋?」
 冗談抜きで当時の僕のファッションに対する知識なんてこんなレベルだった。服のブランドと言えば「Levi’s」「Lee」「Wlangler」と言ったジーパンのブランドくらいしか頭になかったし、更に言えば「アディダス」や「プーマ」、「ナイキ」等のスポーツブランドの方がより身近だった。だからか服に10万円近くもかかってしまったことにびっくりした。普通のスリーピーなら5~6万円で済むのにとも思った。だが周りは「スリーピーよりもこっちの方が断然いい!」と言うから僕は両親に申し訳ないと思いつつも、有難く買ってもらった。
 このブレザーなどは入学式はもちろん、当時所属した真面目な学術系サークルの公式活動(公的機関への訪問等)の際によく着用した。遊びにおいても着れるものだったが僕がこのブレザーで「ハマトラ」のような着こなしをしたことは結局一度もなかった。
 その後このブレザーなどは社会人になった後も27~8歳くらいまではよく着ていた。安物ではなくしっかりとした造りだったから型崩れすることもなかった。
 もちろん結婚した後も僕はこれらを大事に残しておいた。結婚して少々太りはしたものの着ようと思えば着ることができたからだ。それに娘が生まれた時、将来またハマトラのようなファッションが流行り(ファッションというものは間違いなく繰り返される!)、もしかしたら娘に(古着としてでも)着させることができるかも知れないとも思った。
 そんな思い入れのあったものだったのに、それらはラルフローレンのネクタイを除いて行方不明になってしまった。いくつかあるクローゼットの中を念入りに探したが見当たらない。嫁さんに訊いたが、嫁さんはそれの記憶すらない。自分がこれらを最後に見たのがいつだったかさえ記憶にない。捨ててしまったのか? いや、そんな記憶もない。まるで突然神隠しにでもあったように現物も記憶もなくなっているのだ。

 今思い出した。そう言えば20代の頃に中型バイクに乗っていた際によく着ていたあのレーシングジャケット……、あれもどこに行ったのだろう? 「KUSHITANI」(クシタニ)というブランドの当時2万5千円ほどで買ったもので、普通のお出かけの際にも違和感なく着れるものだった。だからバイクを手放した後も好んでよく着ていたものだったのだけれど、これも見当たらない。いったいどうしてしまったのだろう。まったく記憶がない……。

(次回「第62話 思い出すのは思い出せないことばかり(3)」に続く)





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

エッセイ・随筆 ブログランキングへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
                                 
                                      
            

2017年5月4日(木) 雑記

2017/05/04 Thu 16:28
category - エッセイ
コメント - 0
                         
このエントリーをはてなブックマークに追加
◆昨日と今日の備忘録っぽい雑記


2017年5月3日(水)憲法記念日

平日と変わらぬ時刻(午前7時過ぎ)に起床。

ワンコの散歩。

一階の掃除。

朝飯を食らう。

家人と車で近所のホームセンターへ向かい、野菜用の肥料と花用の肥料を買う。
家人は玄関先に植えるための花を10株ほど買う。

帰宅後、昼食。
何を食べたかは後ほど。

昼食後、猫の額ほどの庭にある家庭菜園もどきの畑を耕し、買ってきた肥料を混ぜ込む。
この畑には週末に枝豆の種を蒔く予定だ。
僕がそんなことをやっている間、家人は玄関先に買ってきた花を植えていた。

少々休憩した後、玄関前にある塀代わりにしている木(名前を忘れた)の刈込を行う。
毎年この頃になると赤っぽい新芽が伸びてうっそうとした状態になる。
お隣さんの玄関にもかかってしまうため、刈込は必須なのだ。
家人と二人で二時間がかりで刈込を終えた。
刈込自体は、さほど時間はかからないのだけれど、刈り込んだ枝葉の後始末に時間がかかる。
今回もごみ袋で7袋分もの量になった。
今はまだ何とかなるがジジイになった時が不安だ。
こういうことができる体をそれまで維持している自信がない。

夕方になって腰痛が出てきたものだから夕方のワンコの散歩は軽めで終わらす。

夕食は八宝菜と諸々だった。

今日は憲法記念日だったのだ。
安倍がまた勝手なことをほざいている。
今のままでいいのかと訊かれると必ずしもそうだとは言えないのは確かだ。
脅威に対する備えは必要だと思う。
しかし安倍の強権的なやり方はどうにも気に入らない。
どの政治家にも感じることだが、どうしてもっと国民に対して素直に対峙できないのか?
どうして自分のやることを無理やり正当化しようとするのか?

おっと間違えた。
政治家なんて今の世の中にはいないのだった。
今の世の中にいるのは政治屋さん。
政治業界はいつも盛況だね。


2017年5月4日(木)みどりの日

やっぱり平日と変わらぬ時刻(午前7時過ぎ)に起床。

ワンコの散歩。
昨日の刈り込んだ枝葉ごみ7袋をごみ収集場所へ運ぶ。
三往復……。
けっこう重い……。

一階の掃除。

朝飯を食らう。

朝の陽射しが眩しい時期になった。
東側の窓にすだれを垂らした。

家人と車で近所の100均へ。
諸々購入。

帰宅後昼食。
家人手作りのクラブハウスサンドウィッチを食らう。

車があまりに砂埃等で汚れていたため洗車。
100均で買ったマイクロファイバーの雑巾の予想外の性能に驚く。
こんなに凄い吸水性を持っていただなんて……。
その雑巾のおかげでか、いつもの半分ほどの時間で洗車終了。

上はTシャツ一枚。
下は半パン。
もちろん靴下なんて履いていない。
まるで夏だね。
でもこの時期は湿度が低いから気持ちがいい。
紫外線は強烈だけどね。
本番の夏も、こんなふうだったらいいのにと思うが、今年もおそらく酷暑なのだろう。

さて今日はもう残すは夕方のワンコの散歩のみ。
相変わらず腹が張っているのと少々の筋肉痛があるから無理せずボチボチ歩くことにしよう。
体をいたわることを忘れてはいけない。


話は変わる。
昨日の昼食の話だ。
何を食べたか?

答えは「10分緑のたぬき」だ。
何のことはない。
「10分どん兵衛」の「緑のたぬき」版だ。

最近、僕はインスタント麺類は、ほとんどをこの調理方法にしている。
つまり、お湯を入れて10分以上そのままにしておくのだ。
もともと僕はメーカー指定の時間よりも長く時間を置くようにしていた。
その方が麺が出汁を吸っておいしいと感じているからだ。
指定時間をきっちり守る家人は、そんな僕の食べ方を毎回呆れて見ていた。
麺が伸びて美味しくないと言うが僕はそうは思わなかった。
そんな食べ方をするのはアンタだけだというような言われ方をしたものだが、ネットで「10分どん兵衛」のことを知って自分の考えは間違っていないと確信を得た。

それからは「10分どん兵衛そば」、「10分赤いきつね」、「10分カップヌードル」、「10分カレーヌードル」、「10分麺作り」、「10分チキンラーメン」、「10分ワンタンメン」等々、カップ麺、袋麺に関わらず10分以上置いておくという方法を採っている。
たいていはアタリだ。
ハズレはほぼない。
唯一ハズレだと思ったのは「10分スーパーカップ」かしら。
これは麺の吸収力が弱いのか延びるだけで美味くなかった。

昨日の昼の「10分緑のたぬき」だ。
メーカー指定は3分だが、最低10分待つ。

20170503_tanuki_soba_01.jpg

7分経過後。
この時点で天婦羅を崩さぬように麵だけを軽くほぐす。
20170503_tanuki_soba_02.jpg

10分経過後。
いい感じで麺が出汁を吸っている。
20170503_tanuki_soba_03.jpg

それから更に1分ほど置いた。
カレーで言うと「寝かした」ってところかしらね。
20170503_tanuki_soba_04.jpg
天婦羅もほどよく出汁を吸っていて、しっとりジューシー。
食べるときは崩さないように、やさしくすくって口に運ぶ。
熱々の出汁も、ほどよい温度になっているから丁度よい。
(猫舌の人でも安心だ。)

賛否両論あると思うが、僕は「あり」です。

興味があればお試しあれ。

◆いつものエッセイ(もどき?)は、連休明けに再開します。(第62話 思い出すのは思い出せないことばかり(3)をアップ予定。)
お楽しみに。






にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

エッセイ・随筆 ブログランキングへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
                                 
                                      
            

2017年5月5日(金) 雑記

2017/05/05 Fri 16:34
category - 雑記
コメント - 0
                         
このエントリーをはてなブックマークに追加
◆今日の備忘録っぽい雑記


2017年5月5日(金)

平日よりもほんの少しだけ遅めの時刻(午前7時半頃)に起床。

ワンコの散歩、約30分。
ワンコのエサやり。

一階の掃除。

朝飯を食らう。

午前9時半頃、家人が髪の毛をカットしに行くとのことで、行きつけの美容室まで車で送る。

僕はテレビをボケーッと観る。

午前11時半頃、家人を迎えに行く。

今日の昼食は家人手作りのソースメンチカツサントウィッチ。
昨夜の夕飯で残ったメンチカツを利用したものだ。

その後、録画しておいた「居酒屋兆治」を観ようかと思いつつ、気が付いたら一時間半ほど午睡してしまった。

午後2時半頃。
今度は自分が散髪に行こうと思ったのだけれど、かねてから考えていたセルフカットを検討。
ネットでバリカンの類を検索しセルフカットの領域に踏み込むかを検討。
今の(ほぼスポーツ刈りという)髪形を考えると散髪屋に行っても例によって電動バリカンで調髪されるだけだ。
それならばカット料金の安い散髪屋であっても自分でできるようになった方がよい。
てっぺんが取り返しのつかないくらいにまで薄くなってしまったことが誰の目にも明白になって、この先髪形を長髪に戻すことは、まずあり得ない。
可能性としては、つるっ禿げになる方が断然高いのだ。

ネットで電動バリカンを注文。
送料込みで約3000円。
もちろん自腹だ。
家人に話すと「絶対に失敗する!」と激しく非難された。

この人は昔からそうだけど、どうして僕がやろうとすることに、いつもケチをつけるのかな?
「頑張ってみたら?」とか「挑戦してみたら?」とか「上手にできたらいいね」とか、少しくらいそういう類のことを言えんかね?
成功するか失敗するかなんて、そんなのやってみなければわからないではないか。
失敗したところで害を被るのは僕なのだし、それに一緒に並んで歩くことなんて普段はほとんどないじゃないか。

愚痴めいたことはこれくらいにして……。

もうすぐ夕方のワンコの散歩だ。


そう言えば今日は5月5日、子供の日だった。
もう大人になった僕の子供は、ここ数日どこかに行っている。
家人のLINEに「今日の夕方に帰る」という連絡があったそうだ。
さて何時に帰ってくるんだろうね?


◆いつものエッセイ(もどき?)は、連休明けに再開します。(第62話 思い出すのは思い出せないことばかり(3)をアップ予定。)
お楽しみに。






にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

エッセイ・随筆 ブログランキングへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
                                 
                                      
            

2017年5月6日(土) 雑記

2017/05/06 Sat 16:25
category - 雑記
コメント - 0
                         
このエントリーをはてなブックマークに追加
◆今日の備忘録っぽい雑記

2017年5月6日(土)

ゴールデンウィーク中だが、いつもの土曜日と同じだ。
やっぱり午前7時過ぎ頃には僕も家人も起床。
昨晩遅くに「ぎりぎり今日中に」帰ってきた娘は当然ながらまだ夢の中である。

ワンコの散歩、約30分。
ワンコのエサやり。

一階の掃除。

朝飯を食らう。

「せやねん」を観る。

家人がパート先の、お持ち帰りの仕事を開始。
例によって今月の注文書を作りだした。
僕がするお手伝いは家人が読めない、難しい漢字の読みを調べて教えること。
自慢するつもりはないが、僕はたいていの漢字の読みは察しがつく。
数年前までは漢検の勉強もしていた。
でも「へん」や「つくり」などには興味が持てず、結局漢検は受けずじまいだ。

そうこうしているうちに昼前になって娘が起きてきた。

昼食は、たらこスパ。

娘は今日もお出かけらしい。
よくもまあそんなに出かけるところがあるものだ。
いやいや、自分もそうだった。
若者の特権だね。

昨日までに色々とあった用事を済ませてしまったからか、今日は特にやろうと思うことなし。
ダラダラとテレビを観ていたのだけれど、「世界の果てまで行ってQ」という普段滅多に観ることのない番組の再放送を何気に観ていたら、イモトのアイガー登頂をやっていた。
よくもまああんな山に登るものだと感心。
アイガーなんて、それ相応の登山技術がなければ、いくらガイドの誘導があったって簡単に登れるものではない。
そういう意味ではイモトはすごい。
でも自分の力で下山もしてこその登山。
いくら山頂まで登ったとしても、そこからヘリコプターで下山はいただけない。
そこは色々な事情があるだろうしテレビという世界でもあるから、プロの登山家ではない、あくまでも芸人であるイモトが、そこまでやる必要はないのかもしれないが、せっかくきちんと登頂したのだから少々惜しいと思えた。

その後プロ野球を観るもタイガースはカープ相手に昨日のようにはいかず、しかも守備がボロボロという観るに堪えられない試合をして5回途中で9点も取られたものだから、その時点で観るのをやめた。

そろそろワンコの夕方の散歩だ。
雨は止んでいるか?

こうやってゴールデンウィークは終わっていくんだな。
結局、この連休中は家人の実家に行った以外は、どこにも遊びに行かなかった。
またしてもつまらんゴールデンウィークを過ごしてしまった。


◆いつものエッセイ(もどき?)は、連休明けに再開します。(第62話 思い出すのは思い出せないことばかり(3)をアップ予定。)
お楽しみに。






にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

エッセイ・随筆 ブログランキングへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
                                 
                                      
    

励みの素

励みになりますので、よろしければポチッと押してやってくださいませ。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ



リンク

広告その1

レンタルサーバー

広告その2

FC2 CNT