ヘッダー画像

記事執筆者

文亮[ぶんすけ]

Author:文亮[ぶんすけ]
 
ようこそ。
文書き屋日碌
[ふみがきやにちろく]へ
作家もどき? いえ、作家きどりのオッサンです。
もちろん記事はすべて自分で書いています。
 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
556位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
46位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

Access(P)

Access(U)

呟いてます

宣伝

ラジコンのことなら


結果にコミット


プリンターのインクなら


パソコンなら
デル株式会社

自動車保険やバイク保険なら
チューリッヒ保険

アフィリエイトするなら
    
            

第80話 ジャージ(1)

2017/06/01 Thu 08:36
category - エッセイ
コメント - 0
                         
このエントリーをはてなブックマークに追加
◆「ジャージ」という言葉が今でも世間で通用するのか、いやもっと詳細に書くとすると、世の中の文化の中心となっている若い方々に通用する言葉なのか……?
 そういった一抹の不安が僕の頭を過ったのだけれど、きっと通用するだろうと勝手に思うことにして話を進めさせて頂くことにする。

 とは言え、やはり何かしらの説明をしておいた方が中身に入りやすいのではないかと思うので「ジャージ」について簡単な定義付けをしておこう。
「ジャージ」とは、つまりは体操着の類のことだ。本来の意味は伸縮性のある厚手の生地で作られた衣服のことを指すようだが、ここではそういった生地で作られた体操着の類を考えて欲しい。「ジャージ」でピンと来ないのであれば「スウェット」を想像してもらってもいい。要は運動に適した服だ。

 皆さんはこの「ジャージ」というものをいつ着用されているだろうか?
 運動に適した服なのだから、それは何かしらのスポーツなどをする際、つまり運動することが必然となることを行う際に着られるだろう。これは至極当然だ。元々(いわゆる)ジャージというものは、そのために作られたものだからだ。
 しかし世間には運動する際に限定せず普段着としてもジャージを着用していらっしゃる方々がいる。特に学生の多い街なんかだと昼夜を問わず、そういう出で立ちをしている人をよく目にする。理由は簡単だ。楽だからだ。(少なくとも今の僕だと、それがジャージを穿く一番の理由だ。)
 じゃあ学生の多い街以外では、そういう出で立ちの人を目にすることが少ないのかと言えば、そうでもない。実は住宅街、それも休日の住宅街にその恰好をした人がよく見受けられる。その多くはサラリーマンだ(と思う)。普段はカッターシャツやスーツに身をまとっているサラリーマンの多くは休みの日は当然ながらカジュアルな私服を着ることになるのだが、ジャージで過ごすという方が少なくない。特に既婚者でかつお子さんがまだ小さいという方だとその傾向は大きい。なぜなら(僕もそうだったのだけれど)休みの日くらいはお父さんと遊ぶというケースが多く、その際にジャージといった楽な格好をした方が都合が良かったりするからだ。特に子供と外で遊ぶと服が汚れる。その際にお気に入りの服やちょっとお値段が高めの服を着ていたりしたら下手をするととんでもないことになってしまう。皆が皆そうだとは言わないが、やはりジャージやスウェット等の少々汚れても構わない服を着ることが多いと思う。

 ここまで書いて僕がいったい何を言いたいのかと思われた方がいるかも知れない。だから前置き(それにしては長かったかも知れない)はこの辺りにしておいて本題に移ろう。

 そんな楽で重宝するジャージだが、僕は普段着としてそれを着用することは推奨しない。その理由は簡単だ。体が楽な方楽な方へとなびき、その結果、(皆が皆そうだとは言わないが)だらしない体形になってしまうからだ。
 これは嘘ではない。紛れもない真実だ。なぜなら少なくとも僕という証人がいるのだから。

 僕は子供が生まれるまで、例えば大掃除をするだとか何か体を使わねばならない作業をするといった場合を除き、基本的に普段着としてジャージを着用するということをしていなかった。一日中家にいるとわかっていても基本はジーパンを穿きベルトを締めていた。平日でもそうだ。仕事から早く帰ってきた日は同じようにジーパンに穿き替えていた。別にジャージやスウェットを毛嫌いしていたわけではない。単にそういう生活スタイルだったのだ。
 それが結婚して子供が生まれ、その子供が動き回るくらいに成長した頃になると変わってしまった。それまでは僕はやっぱり家にいるときは季節を問わずジーパンを穿いてベルトを締めていたのだけれど、子供と外で遊ぶことが多くなると、いつの間にかジャージの類を穿くようになった。前述したとおり、その方が楽だし汚れを気にしなくてもいいからだ。
 服が汚れることを気にしてしまうと子供ときちんと遊べない。その時は服よりも子供と一緒に過ごすことが僕の中で優先されたわけである。
 そうなると僕は楽な服装をすることが多くなった。上はTシャツやトレーナー系で更にはジャージの上着。そして下はジャージの長ズボンや半パンが主になった。冬の寒い日などはナイロン製の素材の長スボン(歩くと「シャカシャカ」という音がするゆえ「シャカパン」と呼ばれた)を穿いた。それが当たり前の生活になっっていたのだ。
 そういう生活になると出かける場合も、そういった服装になってしまった。最初の頃は少なくともお出かけの際にはジーパンに穿き替えるといったことをしていたのだけれど、気が付くとその上下ジャージという恰好で出かけることに何のためらいもなくなっていて、それが当然という生活になっていた。メーカーにこだわりさえなければ、それはユニクロ等のファストファッションの店に行けば安価で手に入る。裕福ではない僕たちには本当にお手軽なファッションでもあったのだ。
 しかしながら20年近く続いた、そういった衣類を着用し続ける生活は僕の体に悲しい結果をもたらした。これは皆さん、想像するに容易いと思う。

(次回「第81話 ジャージ(2)」に続く)





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

エッセイ・随筆 ブログランキングへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
                                 
                                      
    

励みの素

励みになりますので、よろしければポチッと押してやってくださいませ。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ



リンク

広告その1

レンタルサーバー

広告その2

FC2 CNT