ヘッダー画像

記事執筆者

文亮[ぶんすけ]

Author:文亮[ぶんすけ]
 
ようこそ。
文書き屋日碌
[ふみがきやにちろく]へ
作家もどき? いえ、作家きどりのオッサンです。
もちろん記事はすべて自分で書いています。
 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
556位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
46位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

Access(P)

Access(U)

呟いてます

宣伝

ラジコンのことなら


結果にコミット


プリンターのインクなら


パソコンなら
デル株式会社

自動車保険やバイク保険なら
チューリッヒ保険

アフィリエイトするなら
    
            

第85話 マウス(2)

2017/06/08 Thu 08:28
category - エッセイ
コメント - 0
                         
このエントリーをはてなブックマークに追加
 この症状が出る度に「コントロールパネル」→「マウス」で「マウスのプロパティ」を表示させてはダブルクリックの速度を調整してみたり、「コントロールパネル」→「デバイスマネージャー」でハードウェア変更のスキャンをかけて改めてマウスを認識させたりして誤魔化しながら使っていたのだけれど、先日、とうとうシングルクリックも認識しないという症状が出始め、さらにはドラッグ中にそれが無効になってしまうという症状までもが発生するようになった。
 こうなるともう作業が進まないどころか誤操作に繋がってしまう。いつぞやはフォルダを左クリックでドラッグした状態にして違うドライブにドロップしようとしたところ、途中で左クリック状態が無効(つまり指はマウスを押したままであるのに途中でそれをやめた状態)になってしまい、目的としていないフォルダ内にドロップされてしまって冷や汗をかいた。この時は解決は容易かったが、場合によってはこういうことは死活問題になりかねない。だからもう買い替えるしかないと思った。

 それにしても不思議だ。これらのマウスは購入して確かまだ1年と少ししか経っていないはずだ。パソコンというものを使いだして、かれこれ20ウン年経ち、その間に数台のマウスを使ってきたが、こんなに早くに不調になったことはなかった。しかも2台で同じようなタイミングでだ。
 僕は本当にマウスがおかしいのかと思った。よくよく考えてみるとこれらのマウスに現在のような不調が現れ始めたのは、Windows10にグレードアップした頃からだ。それまでのWindows8.1の際は特に何もおかしな現象は発生しなかった。だからできればWindows8.1の環境でこれらのマウスを動かしてみたかった。それで動けばWindows10でのドライバーなりがきちんと作用していない可能性が高いことになるのだ。
 しかしながら僕の周りにはもはやWindows8.1の環境はない。もちろんWindows7のような、それ以前の環境もない。僕がトラブルシュートとして今できることは、Windows10の環境で問題が発生しているマウスとは別の、正常に動いていたマウスを動かしてみることしかなかった。
 僕は押入れの中などを探して古いマウスを引っ張り出した。見た目もかなり古いデザインのものだが機能的には問題はない。それを差し込み、ダブルクリックしてみたところ、きちんと反応した。ドラッグも途中で無効になったりしない。普通にマウスとして機能している。これだけを見るとパソコン側は問題ないということだ。

 ではマウス自体にいったいどんな問題が起こったのだろう。しかも2台でほぼ同じタイミングでだ。
 こうなるともうマウス本体の内部に何か物理的な問題なりが発生しているとしか考えられなかった。
 僕はネットで検索した。相変わらずクソみたいな情報ばかりが上位に出てくるものだから少々イラついてしまったが、調べた結果、近年の価格が安いマウスは、使っている材料や部品も安物を使っているので耐久性がけっこう低いらしい。特に左クリックする部分などは頻繁にその辺りを上下させることになるから部品の類も一番にイカれてしまうのだとか。
 確かにそうだろう。毎日のようにマウスを使っていたとすると、左クリックをする回数はかなりのものになるに違いあるまい。正確に測ったことがないから具体的にはわからないが、例えばヘビーユーザーになれば凄まじいくらいの数字になるのではないか。
 だがそれでも昔のマウスは1年やそこらでこんな症状が出たりすることはなかった。昔はマウスなんぞは軽く3年は使っていたものだが、安くなった分だけ耐久性も落ちたということだ。今やもうマウスは使い捨ての消耗品と考えた方が良さそうだ。

 そんなこんなで先日僕は家電量販店に赴いた。普段あまり立ち寄らないマウスのコーナーに行って適当なものを探したのだけれど、しばらく見ないうちに以前とは比べ物にならないくらいの種類のマウスが販売されていることに少々驚いた。
 中でも今やワイヤレスマウスが主流になりつつあることに時代の流れを感じた。ワイヤレスマウスは本体から線が出ていないから使いやすいのだろう。各社から様々な機種が発売されている。だがどれも値段が少々高い。お金に余裕のない僕はマウスに高い金を出す気にはどうしてもなれない。
 ワイヤレスでないものに対しても同様だ。本体にトラックボールが乗っかっているものや左右両側にもスイッチのようなものがあってクリックすることで特定の動作をさせることができるようなマウス等、様々なマウスが販売されているが、やっぱりマウスに数千円ものお金を出す気にはなれない。前述したとおり今やマウスも使い捨ての消耗品と考えた方が良いということを考えると猶更高いお金を出す気にはなれない。昔のように値段が高ければ高いなりに耐久性のある材質のものが使われているという商品なら考えるところだが昨今のパソコン事情を考えるとなかなかそうとも思えない。、
 結局僕は販売されているマウスの中からSサイズで一番安いものを買った。税込で約800円。2台買ったので合計で約1600円だ。
 自宅に戻り2台のマウスを、それぞれのノートパソコンで動作確認を行った。もちろんどちらのマウスも問題なく動いた。ダブルクリックも他の挙動も正常に認識されて正確にんそれが行うべき反応を示した。

 これで当面はイラつくことはないだろう。作業効率も以前のレベルに戻るだろう。問題はこれがいつまで続くかだ。
 これまでの経験で考えると1年かそこらだろう。もしそれ以上であれば、それはラッキーというものなのだろう。それで良しとするか? いや、そうするしかないな、きっと……。





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

エッセイ・随筆 ブログランキングへ



このエントリーをはてなブックマークに追加
                                 
                                      
    

励みの素

励みになりますので、よろしければポチッと押してやってくださいませ。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ



リンク

広告その1

レンタルサーバー

広告その2

FC2 CNT