ヘッダー画像

記事執筆者

文亮[ぶんすけ]

Author:文亮[ぶんすけ]
 
ようこそ。
文書き屋日碌
[ふみがきやにちろく]へ
作家もどき? いえ、作家きどりのオッサンです。
もちろん記事はすべて自分で書いています。
 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
556位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
46位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

Access(P)

Access(U)

呟いてます

宣伝

ラジコンのことなら


結果にコミット


プリンターのインクなら


パソコンなら
デル株式会社

自動車保険やバイク保険なら
チューリッヒ保険

アフィリエイトするなら
    
            

第75話 運を吸われないために(2)

2017/05/25 Thu 09:15
category - エッセイ
コメント - 0
                         
このエントリーをはてなブックマークに追加
 そんなこんなで「自分の良運をどこかに吸われてしまっているのでは?」、「誰かの犠牲、身代わりになっているんじゃないか?」という思いに対して僕が辿り着いた論理的説明みたいなものの一つが以下である。
 
 他者(それが親戚縁者であっても)から授けられたお札やお守りの類は、僕たちの家内安全、無病息災、商売繁盛、学業成就、身体健康、交通安全、心願成就、諸災消除などの願いを叶えるものではない場合があるのではないか?
 それは僕達に送った他者本人のためのものではないのか?
 すなわち僕たちは他者から授けられたお札を自分たちの家の中に貼り、その他者が幸せになることの手助けをしているだけなのではないか? 
 この場合僕達には何のご利益もない。
 お札を貼ったり、お守りを持ったりするのであれば自分たちによって手に入れたもののみにするべきではなかろうか。
 他者から授けられたお札を貼るなんて他者に自分たちの幸運を差し出しているようなものではないのか。
 「他力本願」のその「力」になっているだけではないのか。
 これでは運を吸われて当然ではないか!

 書いていて自分でも何てアホくさいことを書いているのかと情けなくなるが、「一理ある」とも思えるから不思議なものだ。だって僕の家にある他者から授けられたお札やお守りというのは、そのすべてが実姉からもらったものだ。
 こんなことは書きたくないが昨年から僕達一家には悪い事ばかりが起きている。それに対して実姉家族はいいことづくめだ。おめでたいことばかりが続いている。
「そんなのこじつけだ。バカバカしい!」と思う反面、「やっぱり俺らの運が吸われてるんじゃないか?」って思ってしまう。だから嫌になるのだ。ここまできたら、そこらの新興宗教に走る人間と同じではないかとさえ思ってしまう。
 だが理屈ではアホくさいと思っているが納得できない自分がいる以上、それを解決しなければならない。故に今僕がやろうとしていることは以下のとおりだ。

 まずは他者から授けられたお札の類は一切処分する。具体的には家の中に貼られているお札のうち他者から授けられたものは剥がし、近くの神社にお返しする。
 次に有名神社などに行ってお札を複数枚手に入れる。そしてその内の一枚は、自分の家の中に貼り残りを他者に渡す。他者は皆が皆ではないだろうが、おそらく高い確率で家の中のどこかにそのお札を貼ってくれるだろう。これで他者が僕のために祈ってくれるし僕に運を貢いでもくれる。

 本当にバカだね。
 実姉は僕たちのことを思ってやってくれたのにね。これじゃあ恩を仇で返すようなものだね。
 でも実は本当に僕が書いているようなことなのかも知れない。単に実姉がそうであることを知らないだけであって弟を思う気持ちが仇になっているのかも知れない。だからちょいと調べてみた。
 どうやら他者からもらったお札に効力はないという意見があるようだ。また、お札は自分自身か同じ家に住む家族が神社まで参拝の上入手して初めて神社との霊線が結ばれるのであって郵送や他人から頂いたものは、好ましくないとの意見もある。
 僕はこの意見に賛成だ。バカバカしいと思いつつも賛成だ。だからやってみるつもりだ。
 まずは昨年僕と家人の二人で直接某神社に行って手に入れたお札を中心にしてみようと思う。そうすれば自分自身、納得することができるんじゃないかと思っている。

 こういうの、どう思いますか?





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

エッセイ・随筆 ブログランキングへ



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

励みの素

励みになりますので、よろしければポチッと押してやってくださいませ。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ



リンク

広告その1

レンタルサーバー

広告その2

FC2 CNT