ヘッダー画像

記事執筆者

文亮[ぶんすけ]

Author:文亮[ぶんすけ]
 
ようこそ。
文書き屋日碌
[ふみがきやにちろく]へ
作家もどき? いえ、作家きどりのオッサンです。
もちろん記事はすべて自分で書いています。
 

最新記事

カテゴリ

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
556位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
46位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

Access(P)

Access(U)

呟いてます

宣伝

ラジコンのことなら


結果にコミット


プリンターのインクなら


パソコンなら
デル株式会社

自動車保険やバイク保険なら
チューリッヒ保険

アフィリエイトするなら
    
            

第44話 Facebookへの道(1)

2017/04/10 Mon 07:10
category - エッセイ
コメント - 0
                         
このエントリーをはてなブックマークに追加
◆先日のことだ。ちょいと探し物があったので部屋のクローゼットを開け、中に積んでいたプラスチックケースの中を片っ端から(と言っても透明のプラスチックケースだから中身の察しがつくので対象と思えるものを)探していた。すると昔のアルバムやら手紙やらを入れていたケースがあった。そう言えば何年か前に実家に置いたままにしていた昔のがらくた類を持ち帰ったのだけれど、それをそのままクローゼットに押し込んで終わってしまっていたことを思い出した。中身を確認せねばと思ったものの、今は別のものを探しているわけだから、それは後回しにすることにして、まずは元々の目的としていた「とある物の探索」を優先させた。
 幸いなことに探していたものは、さほど時間がかからない内に見つかった。これは非常に珍しいことだ。僕が何かを探す時、それはけっこうな時間を要することが常なのだ。そしてそれでも見つからなかったという結果で終わる確率が非常に高い。それを個人的には「探しても見つからない病」というベタな表現で、自分の人生はそういう慢性の病気に冒されているのだと半ば諦めているのだけれど、今回はどういう風の吹き回しか、思いがけずスムーズに目的を成し遂げた。
 ならばどうせだ。想定していた時間が空いたのだから、前述の、ケースに入れてそのままにしているがらくた類を、この際きちんと整理することにした。

 ケースの蓋を開けた。まず目に飛び込んできたのは、いくつかの封筒だ。よく見かけるサイズの封筒だけでなく大きなサイズの封筒もある。それらの封筒の中身を一つずつ確認したところ、まずは高校時代の冊子の類がいくつか出てきた。その中には何と高校の合格通知書まで入っていたものだから、まだこんなものが残っていたのだと、ちょっと驚いた。大学の合格通知書は別の場所にきちんと保管していたのだけれど、よもやこんなところに高校の合格通知書が残っていたとは夢にも思わなかったから嬉しさも半分あった。
 普通の封筒は社会人になった頃に親や姉からもらった手紙の類だった。改めて読んでみると、どれも僕のことを心配する内容だった。当時僕は入社して3週間ほどで、いきなり関東地方に飛ばされて、バタバタと移動したものだから周りからすごく心配されたのだ。今頃思うのも何だけど、自分の娘が社会人になった今だから親や姉が書いたその手紙の内容が痛いほどよくわかった。
 更にケースの中身を見てみると、小・中・高、そして大学の卒業アルバムがあった。おまけに卒業時に作られた文集のようなものまで残っていた。
 小・中の卒業文集は、いずれもわら半紙に刷ったものを黒紐で束ねている。当時はまだガリ版印刷(謄写版印刷)なるものが全盛の時代だった。僕らは緑色のロウ原紙にボールペンを使ってロウを削るようにせっせと文字を書き、絵を描いたものだった。
 高校のものになるとさすがにわら半紙ではなくて普通の白い紙になったが、それでも今みたいに簡単には作れなかった。確か個人個人が手書きした原稿を集め、専門の業者に持っていって印刷と製本をしてもらった記憶がある。今なら製本はまだ手間がかかるとしても原稿はPCやインクジェットプリンター、コピー機を使えば簡単にできるようになった。装飾も今なら写真だけでなく色々なものがある。あの頃今のような技術や機器があったら、きっともっと面白いものができただろう。もしかしたら電子ファイルだけかも知れない。それを考えると今時の学生さん達は僕らが作ったような卒業文集みたいなものって作るのだろうか? 今度暇なときに娘の時はどうだったのか訊いてみることにする。
 でもわら半紙で作られた文集も捨てたもんじゃない。なぜなら作られてから約40年経っても、きちんと形そのままに残っているのだから。印刷が経年劣化で若干薄くなったような気がしないでもないが、それでも中身は今でもきちんと読むことができた。やっぱり紙ってすごい。改めて思うのだけれど、人類はこれまでに培ってきたアナログ技術を絶対に捨ててはいけないし廃れさせてもいけない。デジタル技術同様、これからもずっと残しておくべきだ。
 そんなことを頭の中に少し浮かべつつ、僕はあの頃こんなことを書いていたんだと当時の自分のことを思いながら自分の文章を読んだ。そして更には、同級生たちが書いている文章に、こいつはこんなことを書いていたのか、この子はかわいらしいことを書いているじゃないか等々の思いを重ねた。
 それらを読み、総じて言えることがある。それは「ピュアだ」ということだ。汚れていない。少なくとも今の僕にはこんなきれいな文章は書けない。もし今、同じテーマで書けと言われたら、きっと知らぬ間に身に着けてしまった「大人のずる賢さ」で、あれこれこねくり回してしまった文章になるだろう。そしてそれは後々読み返したらうんざりする代物だろう。大人になったということは、そういうことでもあるのだということを、十代の頃に書いた文章を読んだ今の僕は肯定せざるを得ない。

 卒業文集の類に一通り目を通した後、僕は卒業アルバムを見ることにした。順番はやはり、小・中・高・大学の順がいいだろう。
 それにしても何年ぶりだろう。もちろん中身に関してはある程度覚えているのだけれど、それでも細部に関してはやっぱり忘れていた。当たり前と言えば当たり前だ。
 当然の事なんだけど、それらに写っている僕や皆の姿は非常に若い。いや正確に書くとすると、小・中は「幼い」、そして高校や大学になると「若い」のだ。今見るに、本当に歳月の流れというのは残酷だ。もう二度とこの眩しさを身にまとうことはできないし出会うこともない。はっきり言って別人だ。でもすべての人間がそうなのだ。誰一人として例外はいない。
 そしてそのことを嫌というほど味わった僕は更に今頃になって新たに気づかされた。
 高校時代の女子たち……、きっと今は皆50代半ばの立派な「おばちゃん」か、人によっては「おばあちゃん」になっているだろう。もちろん僕も立派な「おっさん」だ。(辛うじてまだ「おじいちゃん」にはなっていない。大叔父さんにはなっているが……)写真と現実を並べれば現実は気が狂いそうになるほど残酷なものだろう。だがその残酷な現実を暫し忘れて、単に純粋に目の前にある写真だけを見ると僕の胸の内に明確な事実だと言える思いが湧いてきたのだ。

(次回「第45話 Facebookへの道(2)」に続く)




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

エッセイ・随筆 ブログランキングへ




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
                                 
                                      

コメント

非公開コメント

    

励みの素

励みになりますので、よろしければポチッと押してやってくださいませ。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村


エッセイ・随筆 ブログランキングへ



リンク

広告その1

レンタルサーバー

広告その2

FC2 CNT